« August 2005 | Main | October 2005 »

September 26, 2005

flash★bomb'05 超個人的メモ⑥

 新作の全上映が終了し、壇上のコメンテーターからそれぞれ総括が語られました。そして恒例のエンディングFLASHへ。軽快なビートが会場を包みます。今年も曲はELYSIUM。リズムにのせて作家さんたちの寄せ書き的な映像が次々と流れました。エンディングも終わりかという頃、過去のFBを振り返る映像が流れ、その後“flash★bomb project is terminated.”の文字が。このイベントも本当に今年で終了なのか…と落胆しかけたそのとき、スクリーンには“Oops!”と出ました。そしてステージ上のミラーボールが回転しはじめ、wosa社長が壇上に現れました。社長から発表されたのはFBを昇華させた新イベントプロジェクトの発動。その名は「/up(スラッシュアップ)」。来年からはこの/upという名で映像イベントが行われるようです。ともあれ、こうした映像イベントがこれからも続くことはうれしい限り。来年もまた参加できたらいいなぁと思います。

 今年は1200名収容の大ホールでの開催とあって、これまでのFBのように会場の一体感を楽しめるかどうかについて、いろいろなところで懸念が表明されていました。結果的には、今年も笑いあり拍手・手拍子ありの盛り上がったイベントだったと思います。私個人としては、あの規模の映像イベントであれほど会場が沸くというのを経験したことがありません。ただ、それでも過去のFBを体験した人たちの中には、「やっぱりちょっとお行儀のよい上映会っぽくなっちゃったね」と言っていた方もいたようです。

 出品されたものは、どれも「映像」作品としてのクオリティが非常に高かったと思います。しかし、それだけに今回とても残念だったのが音響面の部分です。基本的に音質があまりよくなく、高音と低音に関してはハウリングやノイズがかなり目立ちました。今回、声優さんを使った本格的アニメーションに挑戦した作品がいくつもありましたが、その多くでセリフの聞き取りづらさがあったことは事実です。その聞き取りづらさが声優さんのしゃべり方による場合ももちろんありましたが、むしろ音響技術による場合のほうが多かったのではないでしょうか。MP3を使うのであれば、音質のコントロールに限界があるのも無理はないのかもしれませんが、もう少し改善されることを期待します。

 ともかく、イベント全体としては成功したといってよいでしょう。いろいろな騒動の中、念入りな準備を進め、すばらしいイベントを開催してくれたスタッフのみなさんに、そしてやはりすばらしい作品を制作し、われわれを楽しませてくれた作家さんたちに、心から感謝と労いの言葉を贈りたいと思います。

 …で、FBの後は映夜祭へと向かったわけですが、その話はまた別途。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

flash★bomb'05 超個人的メモ⑤

 最後の休憩が終わり、とうとうクライマックスの第4部。良作の連続です。

【第4部】

■超絶無職ニートガイ (アンタイトル)
 やっぱり得意のドクオネタで来ました、アンタイトルさん。映画の予告編のようなムービーで、会場ではすでにタイトルだけで笑いが起こってましたが、全編笑いすぎて正直腹筋がつらかったほど。ネタのチョイス、展開、間の取り方、どれをとっても一級品のお笑い作品になっています。特にデフォルメされた職安、空気嫁なんかもう最高でした。こういうネタFLASH、ほんとに大好きです。

■団地妻 (halcyon)
 こちらは正統派お笑い作品という感じ。フラハクでも公開された「団地妻」の別エピソードです。前述のアンタイトルさんの作品が、笑いどころの連続でたたみかけるような手法をとっていたのに対し、こちらの作品では、起承転結のそれぞれに小さなオチをわかりやすく丁寧にちりばめながら、終盤の大きなオチへともっていくような手法が用いられています。よく計算されたコントを見ているような感覚に近いかもしれません。こちらも会場からは大きな笑いが起きていました。私自身も大笑い。ほんと、おとまにあさんもコメントしてた通り、大根食べられなくなったらどうしてくれようかw

■飴鞭屋ケイト&ジェシー (みやかけお)
 先ほどコントという言葉を使いましたが、こちらは正真正銘の漫才FLASHです。毒気の強い笑いを得意とするみやかけおさんの作品は、期待通りの危険なネタばかり。彼にかかれば、FBに来場した客や壇上にいたひろゆき氏ですらブラックな笑いのネタになってしまいます。しかしその毒気がむしろ気持ちよく、ただただ笑ってしまうばかりでした。綾小路きみまろに夢中になるオバチャンの気持ちが少しわかったような気がしたりしなかったりw

■ファンキーブッダ (すなふえ)
 去年のFBやフラハクでいずれも観客の度肝を抜いてきたすなふえさん。今回は何をもってくるかとドキドキものでしたが、始まってみると、全国各地にあるちょっと香ばしい仏像の紹介FLASHのよう。確かに面白いけど今年はこじんまりとまとめたのかなぁと思って見ていたら…後半でやってくれましたよ、なんと○○ねこネタww 例の騒動もあったので、今日はさすがにその話はタブーかと思っていたんですが、この人にはまったく関係なかったようです。後半は会場から笑いと拍手の連続でした。

■NIGHTMARE CITY CATASTROPHE (み~や)
 去年の第3回紅白FLASH合戦でMVPを獲得したみ~やさんが、そのMVP作品の続編をひっさげて登場です。躍動感あふれる場面を矢継ぎ早に魅せまくる手法は相変わらずで、瞬きするのも惜しいと思ってしまうほど。個人的には、ちょっとラストがストーリーとして尻切れトンボ気味な気もしましたが。壇上に登場したご本人がかなり挙動不審な感じで、そちらも別の意味で楽しめましたw

■僕らの道は金と命とアダルトビデオ (とろっこ)
 とろっこさんといえば、第3回紅白FLASH合戦のオオトリを務めて一躍話題となった作家さんですが、今回も独特の絵柄がマッチしたひとクセあるストーリーが展開されました。どこか淡々としていながら見る者を惹きつけてしまう個性的な作風は、好みが分かれるところなのかもしれませんが、大人がまったりと酒を飲みながら楽しむ小話、という印象で、私は大好きなのです。しかしイマドキの若い人々はツチノコなんて知ってるんでしょうか?

■通勤大戦争 (つかはら)
 FB'05のオオトリはあのつかはらさん。今回もまたつかはらワールド全開です。通勤電車での席取り合戦をデフォルメした映像作品は多いと思いますが、戦闘機による空中戦として描いてしまうところはお見事。ドッグファイト場面のアニメーションも申し分なく、「ウシガエル」を見たときと同様、FLASHアニメの一つの到達点を感じました。スタッフロールで出てきた声優陣が、ある意味豪華すぎてびっくりですw

(⑥へ続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

flash★bomb'05 超個人的メモ④

 さていよいよ後半戦スタート。第3部は広い客層に支持される、安定感のある作品が集められていました。

【第3部】

■100 color pencils (2501)
 この作品は本当は第1部で上映されるはずだったらしいのですが、制作が間に合わなかったようで、この第3部で公開となりました。あの有名な「24 colors pencils」の発展型ともいえる作品です。綺麗な色遣いとグラフィックの緻密な展開は今回もさすが。無数の色の中から自分だけの色を見つけだそう、というメッセージが込められているように感じました。

■umeyon the movie (梅四)
 かわいらしいウサギ系キャラがコミカルに動くアニメーション作品。これまでは梅四さんのデザインによるキャラを使って韓国の企業(?)がFLASH化していたとのこと。今回の公開に当たっては、梅四さん自身があらためてFLASH制作をされたそうです。ちょっとストーリーがわかりづらかったかもしれませんが、今後もこのキャラたちによる新作を見てみたいと思いました。

■廃墟の傭兵 (てのり)
 今回の作品はあの有名な「森林の子」の続編的位置づけ。アニメーションのクオリティは商業作品と比べても遜色のないほどだと思います。特に戦闘シーンは必見。ただ、声優さんのしゃべるセリフが非常に聞きづらく、それが作品のよさを半減させてしまっていたのではないでしょうか。本当に惜しいです。

■まんじゅさげ (宵一)
 味のある絵と控えめなアニメーションを効果的に使って独特の雰囲気を醸し出す、宵一さん独特の作風は健在でした。ある老人が、曼珠沙華に寄せて回想する少年時代。そこに秘められた淡く切なく、そして艶やかな思い出。一転、花を握りながら恍惚の表情を浮かべ、深い眠りにつく老人。一つの「よき人生」が淡々と描かれていました。

■Twinkle 取れないマスク (流星星野)
 第2回紅白FLASH合戦で大好評だった「Twinkle」。今回は同じ主人公が旅をする中で体験した別のエピソードが語られました。人を羨んでばかりいたせいで、自分自身の顔を失い、目に映った他人そのままの顔にしかなれなくなってしまった人のお話。寓話としての完成度だけではなく、それにマッチした柔らかな絵もすばらしいです。小さな子どもさんにぜひ見せてあげたい作品の一つでしょう。

■無重力少女ソラ (nae)
 「ハクシャクノテンシ」のイメージが強かったせいか、個人的にはとっても意外だったこの作品。エヴァン○リオンのテイストが強い萌えキャラ戦闘アニメーションとなっています。内容としては映画館で流れる予告編という感じ。動きのなめらかさだけではなく、本編への期待感を募らせる「魅せ方」も抜群です。本当に早く本編が見てみたいものです。

■銀河鉄道の夜に (赤木虫大)
 宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」をモチーフとした詩と映像のコラボレーション作品といえばよいのでしょうか。詩と映像が相互に情感を高め合い、その美しさと切なさに胸が痛くなるほどでした。実際素で泣きそうでした、私。こういう文章系作品がもっと出てきてほしいなぁと思いますね。今回のFBで個人的に最も気に入った作品の一つです。

■土煙高田馬場 (日暮里本社)
 赤穂浪士の一人、堀部安兵衛の若き日のエピソードである「高田馬場の決闘」をアニメーション化した作品。躍動感あふれる動きだけではなく、随所に仕込まれた小ネタなども楽しむことができ、全編見所だらけといってよいでしょう。エンターテインメントという言葉はこういう作品のためにあるのだと思います。

(⑤に続く)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 25, 2005

flash★bomb'05 超個人的メモ③

 最初の休憩の後、第2部が始まりました。ここではいわゆる個性派の作家さんたちがとりあげられたようです。

【第2部】

■山陰国盗り合戦 (FROGMAN)
 島根県vs鳥取県の熾烈な闘いw やはりこの人は笑いのツボを外しません。「菅井君と家族石」シリーズ同様、セリフと間の取り方が絶妙です。地方ネタはともすると内輪ウケに終始してしまう危険性がありますが、この作品はおそらく幅広い層がそのおもしろさを理解できるのではないでしょうか。惜しむらくは、セリフがところどころハウリングのせいで聞き取りづらかったところですね。

■なぜなにどうぶつらんど (nnm)
 個人的に期待していた作家さんの1人、nnmさん。大画面であの不条理系ギャグが炸裂しましたw NHK教育テレビの番組風に構成されて…いそうで全然そうじゃないメチャクチャな作品です。初っぱなの「イタリアン盆栽(?)」ですでにツボにはまってしまいました。会場ももう笑いっぱなし。「すっぺらぴっちょん体操」を実際に見てみたかったです。

■夢オチ (TNT)
 上映前コメントで「誰も思いつかないようなオチになってます」と説明がありながら、最初の画面で現れた文字は「夢オチ」w ここですでに会場からかなりの笑いが。4人に分身したTNTさんによるコミカル劇のような作品でしたが、それとは別にエンドロールも手拍子ノリノリで楽しめるものでした。作中のTNTさんは友人に写してもらった画像をトレースしたそうで、壇上のコメンテーターからは「自分のことが大好きそうですねー」とか言われてましたね。

■doll (ぴろぴと)
 狂気や夢幻といった言葉が似合う作品が多いぴろぴとさんですが、今作品も写真画像を加工した幻想的なもの。綺麗な人形が変わり果てていく様を、美しさと醜さという相反するものを混在させながら描いていたように思います。芸術作品としての完成度の高さに脱帽です。

■異形花魁華屋敷 (穴清水)
 「座敷牢」同様、本当に話に引き込まれてしまいました。この作家さんは、人間の誰もがもっている負の心情を描くのが本当にうまい。今回は「妬み」がテーマでした。こうしたテーマの場合、ややもすれば心情を鋭く描き出そうとするあまり、説明過剰な作品になってしまいがちですが、穴清水さんの作品ではセリフ、映像効果、演出などが過不足のない仕上がりになっており、見ているわれわれは、否応なしにリアリティをもって負の心情を想起させられてしまうのです。圧巻でした。

 全体的に、この第2部あたりからだいぶ会場のノリもよくなってきたように感じました。(④へ続く)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

flash★bomb'05 超個人的メモ②

 会場が暗くなり、ブザーがけたたましく鳴り響きます。そして流れてくるシブい男性の声。御挨拶&注意事項の説明かと思いきや、なんと声の主はG-STYLE氏。続けて流れるは1歳6ヶ月による注意事項説明FLASH。会場もにわかに盛り上がりを見せます。次にホンモノの注意事項説明FLASHとなりますが、制作はKIKI氏。3D画像も効果的に用いたCOOLな仕上がり。途中にハードゲイネタなども織り交ぜ、笑いをとることも忘れていません。そしていよいよスキマ産業氏による「楽園フィナーレ」へ。昨年のOPで夜空へと飛び立った光たち。今年はその後の世界を描いています。テーマは「光=種」。やっぱり感慨深いものがありましたね。

 さて、ここからは4部構成で上映が進んでいきます。まずは第1部。スピード感や爽快感などを特徴とした作品が並べられたようです。一応個別に少しずつ感想を。

【第1部】

■EMDCR (153回帰)
 アメリカン・テイストのモーショングラフィックスという感じ。今回はAfter Effectsで制作したとのことです。色遣いなども含めて、日本人離れしたセンスの持ち主だなぁと感心しました。

■ムサベツカウンターストップ (エジエレキ)
 紅白作品同様、ゲームでの戦闘シーンをFLASH化。9999ポイントのダメージを与える豪快な攻撃がこれでもかと続きます。見ていてスカッとする作品といえるでしょうか。ただ、大画面の中を大きなキャラが縦横無尽に動き回るというのは、豪快な感じが出る一方、少々目が疲れてしまうなぁとも思ってしまいました。

■aspEct (伊織)
 芸術性に富んだモーショングラフィックス作品です。人物写真への無秩序な彩色と写真の破断。そして再構築。それらが繊細なピアノの音色にのって繰り返されます。個人的には、表層と深層との間を振り子のように行き来する心象がイメージされているように感じました。

■VB (so-shi)
 ヲタアニメきんも~っw というのは冗談として、その動きのなめらかさに、商業アニメ映画を見ているような錯覚に陥ってしまいそうでした。ナース姿の萌え美少女キャラが、ウィルスロボットを次々と撃破していく様は、まさに痛快そのもの。そして何よりオチがまたいいw お約束とはいえ、やっぱり笑ってしまいました。上映後にご本人が壇上に上がられたのですが、まさか女性だとは思っていませんでした。ほんとにびっくり。かーずさんが壇上で口説きはじめたのにもちょっとびっくりしましたが(笑)

(③へ続く)

| | Comments (31) | TrackBack (0)

flash★bomb'05 超個人的メモ①

 行って来ましたFBへ。とにかく楽しかったの一言です。ともあれ、記憶の定かなうちに超個人的なメモを書いておこうかと。オフレポなんて立派なものじゃないし、ネタバレも含むのでそこんとこよろしくです。

 世田谷区民会館に着いたのがだいたい14時10分ごろ。すでにS席の列にはけっこうな人数が並んでいて、A席の人もボチボチ集まり始めている感じ。自分はA席なのでその列のほうへおずおずと行ってみると、F-radio DJのyu-さんに会いました。今度のF-radioでFBに来た職人さんたちへのインタビューを流すというので、録音機能付きMP3プレーヤーをもってきたらしいのですが、どうやら機器の調子が悪そう。私は仕事柄いつもボイスレコーダーを持ち歩いてるので、急遽お貸しすることに。さっそくその場に居合わせたoloさんやRouxさんたちにインタビューしてました。

 そんなこんなでいよいよA席組も入場開始。どうやらFB出品者の方々はスタッフとして働いているようでした。KIKIさん、halcyon AさんBさんなどをお見かけしたので軽く会釈。ホール内に入ってみるとなるほどデカイw これ全部埋まったらすごいなぁと思いつつ、yu-さん、oloさんとともにいい感じの席をget。しかし16時まではまだまだ時間がありすぎるので、ロビーへ。そこでasさんを見つけ、挨拶がてらしばし歓談。そこでasさんに天国さんを紹介してもらいました。映夜祭ではカギさんやAKIOさんたちとのコラボ作品が公開されるとのことで、夜への期待がここでいっそうふくらみました。販売ブースではTシャツなどのグッズの他に、みやかけおさんがDVDを売られていて、ブースにはご本人もいらっしゃいました。正直見た目がゴツくてちょっとコワイw 15:30ごろ、ロビーでcharlie氏に遭遇。学会じゃなくてこんなところで久ぶりに会ってしまう自分たちも正直どうかと思います…

 そして16:00。いよいよ上映開始となります。(②へ続く)

| | Comments (3) | TrackBack (1)

September 19, 2005

エロトラバ

 とうとう来ちゃいましよエロトラバw まさかこんな辺境blogにまで来るとは思っていませんでした。それにしても、よりによって誕生日のエントリーで初めてのエロトラバが来ちゃう辺り、この1年の先行きが非常に不安ですwww

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゾロ目になりました。

 というわけで、またまた来てしまいましたよ誕生日。ゾロ目の歳になってしまいました。

 一応お祝いも兼ねて、昨日は連れと二人でフランス料理食べてきました。恵比寿にある小さなお店ですが、もう大満足。「美味しい」ってことにこれほど感動したのも久しぶりです。シェフをはじめ、スタッフのみなさんもいい方ばかりで、また食べに来たいと心から思いましたですよ。

 ともかく、今年も二人で無事に誕生日を迎えられたこと。これが何よりの幸せです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2005

とうとうやりましたねヽ(´ー`)ノ

日本初の49秒台 水泳の男子100m自由形

 ヤフーニュースのスポーツ欄に地味に掲載されていましたが、個人的に非常に感慨深いものがあります。私は中学まで水泳をやっていたんですが、日本人がいつ50秒の壁を破るのかということは、そのころからずっと言われ続けていまして。今も昔も、男子自由形短距離というのはいわゆるパワー種目で、泳法技術で勝負する日本人にとってはとても不利な種目なのです。世界記録が47秒台である現在では、50秒を突破したところで(国際的には)それほどインパクトもないかもしれませんが、これをきっかけに、日本の男子自由形陣も少しずつ世界に追いついていってほしいものです。ともかく、佐藤久佳選手、本当におめでとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »